シロアリ駆除|スマートサービス

沖縄市のシロアリ駆除

沖縄市のシロアリ駆除

沖縄市は沖縄本島中部に位置する沖縄県第2位の都市であり人口は約14万人、那覇市に次いで2番目に人口が多い中心都市です。沖縄本島の真ん中より少し南側にあり、一年を通して暖かな気候のため最も寒い2月でも10度以下になることはほとんどありません。
シロアリの行動範囲は半径200メートルにも及び、その被害は毎年同じような場所で頻繁に発生します。沖縄でも多数の地域で3ヶ月以内にシロアリ被害が発生しています。実際に、シロアリの被害に遭うとどんな影響を及ぼすのでしょうか。シロアリは家屋の柱・床束・土台を食害し、最悪の場合家屋崩壊の危険性もあります。シロアリにはいくつかの種類があり、家屋に被害を与え問題になることの多いシロアリは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」の3種類です。ヤマトシロアリは最も一般的なシロアリで、4・5月の春先の暖かい正午ごろに見られます。シロアリという名前が付いていますが、実際には黒色で胸に黄白色のラインが一本入っています。そのためか黒アリの羽アリとよく間違えられることがあります。ヤマトシロアリによる家屋の被害はそれほどまでに大きなものではありません。イエシロアリはシロアリの中でも最も加害の激しい種類で、建物や生立木に大きな被害を与えます。体は橙黄色をしており、6~7月の暖かく湿度の高い夕刻に見られます。活動範囲も広く、性格は凶暴で触ると人間であっても積極的に噛みついてきます。アメリカカンザイシロアリは、頭部は赤褐色でその他は黒褐色です。動きは非常に敏速で、暖かい日に少数で飛び立ちます。体色が似ていることから、ヤマトシロアリと認識されやすいので注意が必要です。凶暴なイエシロアリと比べると、攻撃性はさほど強くありません。このような種類のシロアリが実際にどのような被害をもたらすかというと、子孫を残すために羽アリとなって飛び立ちます。実はほぼ1年中、家の柱や土台を食害して生活しているのです。また、木材を食べるだけに留まらず家中の至るところに入り込み、木材由来の物であれば家具や本・段ボールなど何でも食べてしまいます。そのためシロアリの生息に気が付いた頃にはすでに家中がボロボロになっていたというケースもよくあるため、早めの対処が重要です。シロアリ被害はご自身での対処が難しい場合もありますので、専門業者にご相談されることをおすすめします。スマートサービスではシロアリ駆除のお見積りを無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。